古本絵本の専門店。人気絵本が定価の7割以下で買えます。

天然素材でクリーニング。清潔で安全な古本絵本をお届けします。

安全な絵本へのこだわり こども古本店総合案内


絵本買い取り。思い出の絵本を必要な方に

こども古本店の新品絵本

絵本が必要な団体様へ 絵本を無償支援します

海外発送も承ります

訪問者様全員!LOVEBOOK壁紙プレゼント



PayPalが使えます
ホーム店主プロフィール

 

 

 

 

こども古本店店主 中島ひであき 

 


(1981年10月12日生まれ)てんびん座・O型


******************* *************

 



趣味

・絵本と紙芝居の読み聞かせライブ!

 

 

 

・一人旅 (自然、お城がすきです。)
・好きな食べ物 カレーライス、ドーナツ、チップスター

好きな絵本


安野光雅:「天動説の絵本」
たくさんのふしぎ:「ある都市のれきし」 
ふくだすぐる:「りんごがひとつ」
サトシン:「うんこ!」 「わたしはあかねこ」
斉藤隆介・滝平次郎:「モチモチの木」「花さき山」
いわむらかずお:「ひとりぼっちのさいしゅうれっしゃ」
その他:「うんちっち」「ばけばけばけばけばけたくん」「ケチャップれっしゃ」
「オニじゃないよおにぎりだよ」「まないたにりょうりをあげないこと」
「やさいさん」「いろいろばあ」「あめのひのえんそく」
「でんしゃでいこう でんしゃでかえろう」「あめのひのえんそく」
「しゃっくりがいこつ」「しあわせならてをたたこう」
「ラブ・ユー・フォーエバー」

 

紙芝居:「おかあさんのはなし」 「おとうさん」

「とうめいにんげんになったどろぼう」「「ぬすびととこひつじ」
「かくれんぼ」「にらめっこしましょあっぷっぷ」
「ごきげんのわるいコックさん」

 

などなど。

 

☆メディア紹介

 ■2016年

 2月 CBCテレビ「イッポウ」にて紹介
 2月 中日新聞 尾張版のトップで紹介される。
 5月 NHK夕方番組「ほっとイブニング」にて15分の特集で紹介。
 5月 NHK夕方番組「ほっとイブニング」にて被災地・熊本への支援活動を紹介
 5月 中日新聞「ショッパー」にて一面で紹介
 8月1日~8月7日 無印良品名古屋名鉄百貨店からのご招待で、
    こども古本店の紹介展示と読み聞かせライブ。

■2017年
 5月 園と親子をつなぐコミュニティーマガジン「Lau」の「絵本の読み聞かせ・お話し会」
    特集の一面にて紹介。
 

 

☆これまでの経験


・学生時代から古本屋でアルバイト。

 なんとなく始めた古本屋のアルバイト。
 そこは、本を高く積み、お店は暗く、昔ながらの古書店でした。


・新卒で美容院に就職
 卒業し、美容業界大手に就職。が、しかし、なまけものだったこともあり、
    修行にまったくついていけず2年で退職。


・古本屋に再就職

 
仕事を失ってふらふらしているところを、町の古本屋に拾ってもらい、古本屋に再就職。
 お客様満足のために熱心に取り組んでいる美容業界から古本屋業界に戻ってみると、
 古本屋はまだまだであることに気づきます。
 棚もきちんと整理されておらず、接客も暗い。
 
 しかしそんな店でも、わずかにしか用意していない絵本を目当てに、
    毎日のように棚をみにくる1人のお母さんと出会います。
 
在庫もあまりなく絵本も綺麗ではないのが申し訳ない気持ちでしたが、
 
そのお母さんの目は楽しそうで、こども達のために熱心に選んでいるのが印象的でした。


・大手の新古書店チェ
ーンに入社。

 再就職した古本屋は3年後に閉店。
 大手の新古書店チェーンに就職します。
 経験を買われ、
最年少の23歳で三重県のとある店の店長となります。
 
「お客様目線の、ホスピタリティに溢れた店を創りたい!」
   という熱意をもって配属するも、
そこは、大赤字・閉店寸前のお店。 
 会社からは、今すぐに利益をあげることを求められます。
 現実はなかなかうまくいかないことを思い知ります。
 
ほぼ不休で立て直しを計り、誠心誠意の気持ちが伝わり、
 
従業員の皆さんも笑顔をよくみせてくれる職場となります。
 
2年目より黒字転換。その実績を買われ、
    3年目よりエリアのSV(スーパーバイザー)となります。
 
この時の経験が、その後のこども古本店の開業の原動力となります。

・2009年~ 「こども古本店」のアイデアが生まれる。

 
新古書店を退職し、書店最大手の紀伊國屋書店へ入社。
 児童書の担当者となり、絵本の知識を身につけます。
 最初は慣れなかったこども達にも、どんどん愛着が湧き、
 1年後にはこどもが大好きな大人になっていきました。
 「自分の店をもちたい」という思いがこの時までに強くなります。

 古本屋さんを経験する上で、どうしても忘れられなかったのが、
 数年前にみた「絵本を楽しみに毎日、古本屋にくるお母さんの姿」でした。
 そういえば、小さなこどもとお母さんが楽しめるような
    古本屋さんは世の中にはありません。
 
 「こどものための古本屋があってもいいんじゃないか?
  ないなら、つくってしまおう!」
 と考えました。
  

 ”こどものための古本店”を理念とする、
 
「こども古本店」のはじまりです。


・2011年~ 「ネット絵本屋 こども古本店」開業




(開業当初のこども古本店HPのトップバナー)

 

 紀伊國屋書店を退職し、2011年に「ネット絵本屋 こども古本店」を開業。

 
これまでの古本屋経験で、僕は絵本が多く捨てられている」
    ということに気づきました。
 
こどもがしっかり読みこなす絵本は、なかなか商品として扱いづらく、
 廃棄してしまう古本屋さんが当時は多かったのです。

 じゃあ、絵本をクリーニングしたらどうか。破れていたら、修理したらどうだろう。
 手間ではあるけど、それを求めているお母さんやこども達はきっと、たくさんいる。

 そんな思いで生まれた「こども古本店」は、
 ”あたらしい本”ではなく、”あたたかい本”を皆さまにお届けしていきます。
  

 

・2015年~ 「移動絵本屋 こども古本店」開業

「ネット絵本屋 こども古本店」は開業してからさまざまな壁はありましたが、
温かいお客様に支えられ、おかげさまで全国・海外より多くのお客様に親しまれる、
絵本の販売サイトとなりました。

 

このとき、こども古本店のある北名古屋市にあった大型書店が閉店します。
僕自身が生まれ育った町。
かつてはいろんな本屋さんがあったこの街に、
ついに本屋さんがほとんどなくなってしまいました。

 

思い起こせば、私たちがこどもの頃、街には本屋さんが溢れていました。
しかし、今や書店のない地域は332市町村(2014年現在)にものぼり、
親からこどもに絵本を読み与える環境が、少なくなっているのです。

 

”こどもが絵本を買いに来るのを待つ絵本屋ではなく、
こどもがいるところへ絵本を届けにいく絵本屋を”

 

日本で初となる絵本専門の移動販売車
「移動絵本屋 こども古本店」の誕生はここからはじまります。



 

  (移動絵本屋 第1号車「そらいろ号」)

  
 移動絵本屋の制作は、1年がかりのプロジェクトとなりました。
 現在の形になるまで、さまざまな車が試されました。

 ・ベビーカーを引いた親子がそのまま絵本選びを楽しめる
 ・保育園や幼稚園でも、どんなところにでも行ける、コンパクトな車。
 ・誰でも運転できる手軽さ。
 ・移動中の振動にも本が傷まない工夫。
 ・こども達に夢を与えられるデザイン。

 さまざまな条件から試行錯誤し、第1号車が誕生します。

この車の制作にあたって、山もあれば谷もあり、
雨の日もあれば晴れの日もありました。
そんな経緯をたどって、ようやく完成をしたこの車をみたとき。
まるで長い長い山を登ってはじめて空をみたときのような、
晴れ晴れとした気分で喜んだのです。
そして、空のように広がる未来を感じました。
この空を、こども達にも見せたい。
そんな想いで、「そらいろ号」と決めました。

 

 

・”絵本の楽しみをもっと多くの人に!” 読み聞かせライブの挑戦。


前例のない取り組みに、”本当に大丈夫だろうか・・・”
とハラハラしながら開業した「移動絵本屋 こども古本店」も、
皆さまのおかげさまで、予想以上のスタートをきり、
さまざまな場所で話題をよび、多くのお客様が訪れる現象が起こりました。
開業1年目は、さまざまなテレビ局、新聞からの取材がありました。


私たちが移動絵本屋をしながら気づいたことは、
「さまざまなメディアが溢れている今、
 多くの人は絵本を読まなくなっている」ということでした。
それが本屋の外でおきている現状でした。

ではどうしたらよいか?
普段、絵本や本とふれていない人に、
「絵本ってこんなに楽しいんだ!」と思ってもらえる機会をつくればよいのでは。

それが大人もこどもも一緒にたのしめる、絵本の”双方向性”を活かした
エンターテイメント。
「絵本の読み聞かせライブ!」です。


 

絵本の読み聞かせライブでは、こども達との会話を楽しみながら、
ときに歌い、踊り、大人とこどももすべての人が、
絵本の世界を楽しみます。

この読み聞かせライブを提供するために、
アナウンサーの話し方、お笑い芸人のトーク術、朗読、紙芝居、
さまざまなプロの”話し方”を学びました。

 

・そして、これから。

こども古本店は、まだ開業して間もない”少年の店”です。
その途中でいろんな壁はもちろんありました。
くじけそうなこともありましたが、
「壁を頑張って乗り越える大人の姿をみて、
こども達は夢をもってもらえる」
と思いながらがんばってきました。

「こども古本店」は、こども達に笑顔と夢を与えられる店を目指します。

 

 

 

 


************************************