古本絵本の専門店。人気絵本が定価の7割以下で買えます。

天然素材でクリーニング。清潔で安全な古本絵本をお届けします。

安全な絵本へのこだわり こども古本店総合案内


こども古本店の新品絵本

絵本買い取り。思い出の絵本を必要な方に

海外発送も承ります

訪問者様全員!LOVEBOOK壁紙プレゼント



PayPalが使えます
ホーム店主プロフィール

 

こども古本店店主 中島ひであき 
(1981年10月12日生まれ)てんびん座・O型

******************* 


☆趣味

・読み聞かせ
休みの日にこども達をオフィスに集めて、読み聞かせをすることもあります。
特に大好きなのが、紙芝居。

・人と話すのが好き
とにかく、明るい性格です。
出会いとコミュニケーションが大好き。
 
・歴史好き
伝記・歴史モノの児童書も読みます。 そして、大の城好き。
好きな城は、熊本・姫路・彦根・犬山は攻略済み。
今、一番行きたいところは、松本城・首里城です。

・仕事の合間に、護身拳法も学んでいます。
初段。 文武両道でなきゃ。


 
☆これまでの経験

・学生時代から古本屋でアルバイト。
 そこは、本を高く積み、お店は暗く、昔ながらの古書店でした。
 お客様への対応も冷たく、笑顔とは程遠い店でした。
 「もっと、お客様目線に店づくりをしていけば、古本選びを楽しんでもらえるのでは・・」
 と、素人の学生ながらに思いました。

・2005年~ 大手の新古書店チェーンに入社。
 同チェーンで最年少の23歳で、とある店の店長となります。
 「お客様目線の、明るい店を創りたい!」という熱意をもって配属するも、
 そこは、大赤字・閉店寸前のお店。 現実はなかなかうまくいかないことを思い知ります。
 ほぼ不休で立て直しを計り、誠心誠意の気持ちが伝わり、
 従業員も皆さんも笑顔をよくみせてくれる職場となります。
 2年目より黒字転換。
 この時の経験が、その後のこども古本店の開業の原動力となります。

・2009年~ 起業を決意。 
 古本屋さんを経験する上で、「絵本が多く捨てられている」ということに気づきました。
 こどもがしっかり読みこなす絵本は、なかなか商品として扱いづらく、
 廃棄してしまう古本屋さんが多いのが実態です。
 そういった絵本を、必要としているこども達がたくさんいるのでは?
 そんなこども達でも安心して楽しめる、よく修理され、クリーニングされた古本絵本を提供したい。
 日本ではじめての「こどものための古本店」を開業してみたい、と決意しました。

 まずはスキルを磨くため、書店最大手の紀伊國屋書店へ入社。
 児童書の担当者となり、絵本の知識を身につけます。
 最初は慣れなかったこども達にも、どんどん愛着が湧き、
 1年後にはこどもが大好きな大人になっていきました。

・2011年~ こども古本店開業
 準備期間を終え、2011年にこども古本店を開業。
 読まれなくなった絵本にもう一度命を吹き込み、次のこども達にお届けします。
 こども古本店の理念は、その名のとおり、「こどものための古本店」。
 当店は、”あたらしい本”ではなく、”あたたかい本”を皆さまにお届けしていきます。
 

*******************
 
好きな絵本:

安野光雅:「天動説の絵本」
たくさんのふしぎ:「ある都市のれきし」
あまんきみこ:「きつねのおきゃくさま」
とよたかずひこ:「でんしゃにのって」
ふくだすぐる:「りんごがひとつ」
サトシン:「うんこ!」 「でんせつのきょだいあんまんをはこべ!」
斉藤隆介・滝平次郎:「モチモチの木」「花さき山」
いわむらかずお:「ひとりぼっちのさいしゅうれっしゃ」
 
紙芝居:「あひるのおうさま」「おかあさんのはなし」 「おとうさん」「でんしゃがくるよ」
「とうめいにんげんになったどろぼう」「「ぬすびととこひつじ」
などなど。

思いついたものを書きましたが、他にもいろいろあります!